Buhi-Buhi-Boocan

フレンチブルドッグ仔育て奮闘記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丸三ヶ月

レオンは今日で丸三ヶ月になりました 


そして今日は2回目の混合ワクチンを打ちに病院へ行きました。



               
 


混合ワクチン5種をお願いした。 


少し皮膚に湿疹が出来ていて、かなり治りかけていたが、一応伝える。


    「かゆみ止めの塗り薬を出しましょう…」 


   ???  ちょ、ちょっと… それはもしや…


 
    「ス、ステロイドの薬ですか?」


   レオンは別に痒がってもいないし (とどかないからか?)
   湿疹も見る見る治ってきているのに???


    「はい、そうです」


    …。


    「ステロイドはちょっと…」


    「では、消毒液でも少しはマシになるので、消毒液で様子をみましょう」


    …。

 
    「では、来月にまたワクチンを打ちに来て下さい。」

   
    「え? ワクチンは2回でいいんですよね?」


    「3回です。」


    「でも、ノエルの時は2回だったんですが…」


    「3回です!!!」   


 
   …。

 
  レオンはあたしが守っていかないといけないのだ。
 
 
  誰が何と言っても、守っていかなければ…。





緊張気味のレオン
20060108001619.jpg


ぼくちんの体重:2.4kg → 3.75kg

ぼくちんの身長(頭~しっぽ):35cm → 40cm

まだまた成長するのだ 


スポンサーサイト

コメント

ワクチンは、5種(同じ要素のワクチンの種類)を二回打ってるのなら、先生が三回だと言いはっても、二回でいいと思います。

獣医もいい悪いがあるので、全てをうのみにしない方が良いし、人間もそうだけど、犬もある程度自然治癒力で治す事を心がけた方が善いとおもいます。
特に、フレンチブルは、体があまり強くないと聞きますから、尚更だと思います。

信頼できる獣医さんを探すのも、一つの手であるとも感じます。
善い親切な獣医は、安易に薬を処方したりしません。

ステロイドは、止めておいて賢明だと思います。
過保護にならず、育てるのが大切だと、私も犬を二匹育てて実感しました。
愛情はたっぷり。でも、厳しくです。

  • 2006/01/08(日) 21:43:20 |
  • URL |
  • donchan #-
  • [ 編集]

本当に、そう思う…。
やっぱり、獣医さんもドッグフード業界も利益優先なので。(全てではないけどね)
ノエルが亡くなってから、いろんな事を見聞きして、いかに洗脳されていたか…恐くなりました。
ワクチン、狂犬病、フィラリアの薬、フロントライン…全て安全なものだと思いこんでいた。
良い獣医が近くにないので、今の所は自分で守っていくしかない…
実家の近くにはあるんだけどね。ちょっと遠い。ワクチンは3回目は打ちません。始めからそのつもりでした。
半分手作りフードにしていて、かなり調子も良いので、引き続きがんばっていきま~すv-290

うん。そうだね。
犬とはいえ、我が子と同じだもんね。
可愛くて可愛くて・・・。
目の中に入れたい位、いとおしいもんね。
次は、レオンくん元気いっぱいに育つ様、頑張って~!!

  • 2006/01/09(月) 12:38:26 |
  • URL |
  • donchan #-
  • [ 編集]

ありがとう。がんばっていきま~すv-290
人間が危険でないものは安全だと思うので注意しながら見極めていきたいと思っていますv-344

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://noelleon.blog41.fc2.com/tb.php/16-65a7e973
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。