Buhi-Buhi-Boocan

フレンチブルドッグ仔育て奮闘記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初シャンプー

大阪国際女子マラソンがありました。


近くの道路がコースになっている事もあり毎年見てしまいます。


今年はなんとゲストにアルフィーが…(ファンではないですが)




20060201015532.jpg






20060201015406.jpg






20060201015439.jpg






20060201015507.jpg



高見沢さんのギターがすごい





20060201015553.jpg






そして、初めてのシャンプーをしました。


正確に言えばブリーダーさんの所で一度入っているので二回目です。


シャワーに恐がる事もなく、無事シャンプーが終わりました。


が…。


ドライヤーには反応して、ジャンプをしたり、唸ったりして、


遊んでいるのか怒っているのかわかりませんが、


なかなか乾かすのに手こずりました…






20060201021226.jpg




ふーーっ。さっぱりした~~~


しかし、ドライヤーには興奮しちゃったな…ぼくちん。

フレブルの魅力

フレブルの一般的な性格は、「穏和でフレンドリー、天性のひょうきん者」


ノエルもレオンも人が大好き。


ノエルは子供もネコもイヌも大好きだった。


突進していくので、ビビられていましたが…




性格もだけれど、個人的に好きなところは…




20060118000234.jpg



首のタプタプ。


小学校時代に流行った(年がばれるっ)
「スパンク」っていうマンガのスパンクがこんな感じに描かれていた。
イメージね、イメージ。


たしか漫画家は陸奥A子さんだったと思う。


TVアニメにもなっていたよね~ 


しかし、レオンパパ達を見ると、首のタプタプまで肉がぎっちりつまっていました…


まだおこちゃまだからかな~???




20060118000220.jpg



そして、ぶ厚いほっぺた。


たまりません… 




20060118000248.jpg



そんでもって、極め付けが、


おしりの渦巻き…


指でくりくりして遊んでいます 






20060127214418.jpg




ぼくちんのおしりで遊ばないでよね… 


くすぐったいのだ…



お散歩デビュー

待ちに待ったお散歩デビューを致しました 

ちゃんと歩いてくれました!!!   おぉ~ 

と言うのも、ノエルの時はすぐに地面にべったりしてなかなか歩かなかったのです… 

そして、ときどき走ったりしております。

本人は必死で走っているのですが、まだまだ小走りです 



今はなんでも興味津々で、口に入れてしまいます。

今日は、石、木の枝、葉っぱなど口に入れておりました。

吸殻が以外に多く落ちていました。要注意です… 

喫煙者の皆様、ポイ捨てはやめましょうね 




20060124003258.jpg



初めての公園で、たたずむレオン。




20060124003439.jpg



見返りレオン???




20060124005013.jpg



影もレオン。



   ★   ★   ★
 


東京で雪が積もった日、大阪も少し積もっていました 



20060124005037.jpg



うっすらとね…

 

20060124003632.jpg




どうりで寒いわけだ

明日からはダウンベスト忘れずに着せてほしいのだ 


…すっかり忘れておりました… ははっ 

第一回フレンチブル鼻短大会

ぐりクン主催の『第一回フレンチブル鼻短大会』に参加しま~す 




20060122165829.jpg



鼻 




20060122165900.jpg



鼻、はな 





20060122165921.jpg



鼻、はな、ハナ 





20060122170017.jpg




鼻、はな、ハナ、Hana





20060122165957.jpg




鼻、はな、ハナ、Hana、短っ 





どうぞ、宜しくお願いしま~す 

ノエルの事③

嫌な予感は的中した。

携帯の向こう側から聞こえてくる声が遠くに感じられる…。

ノエルちゃんはがんばっていたんですが、
先ほど亡くなりました。
迎えに来てあげて下さい。





どうしよう… 

どうしよう…

どうしたらいいんだろう…

なんで… 

なんで…

言っている意味がよくわからない…



迎えにって…?

ノエルが…?





仕事なんてやっている場合じゃない。

早くノエルを迎えに行かなければ…

外を出ると昼と打って変わって、どしゃぶりの雨が降っていた。

全身ずぶ濡れになりながら、一度家に帰った。

ノエルの涙なんだろうか…

ごめん。ノエル。

生きたかったよね…

なのにあたしのせいで…

ごめんね…

苦しかったよね…

いっぱい遊びたかったよね…

おいしいごはん食べたかったよね…

ごめんね…

ノエル。ごめん。





ずぶ濡れになった服を着替えて病院へ向かう。

深夜1時前、しかもどしゃぶりの雨で人通りがなく、とても静かだった。

病院へ着くと、先生が待っていた。

ノエルは手術台の上に寝かされ、腕からは点滴は外されていた。

なんだか体が痩せ細っていた。

遠目だとただ横たわっているかのよう…

近づいてノエルを触った。

いつものノエルとは違い硬くこわばった体…

体から温かみは消え、目は剥製のように「死んだ目」になっていた。



ごめんね。ノエル。





そして、また淡々と説明し始めた。

ノエルちゃんは亡くなる前にも暴れまして、
痛み止めの注射も打ったのですが、もう効かない状態でした。



ノエルちゃんは最後までがんばっていました。



病院側としては最善を尽くしました。





先生の話を聞きながら思った。

先生は悲しくないんだね。

仕事だから?

日常茶飯事な事だから?

感情移入はしないだね。

あたしはこんなにも悲しいのに…

ノエルはこんなにも病院が好きだったのに…

先生は最近、移動になって来た先生だから悲しくないの?

じゃ、前にいた先生だったらなんて言ったんだろうか…

なんだか裏切られた気持ちになった…

先生のせいではない。

最善を尽くしてくれたんだと思う。

全て、あたしのせいだ。

だけど、だけど…。




20060118021845.jpg



視線の先にあるものは…ケーキ 
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。